仕事がら、子のネーミングを探る機は多い。
父母が子に附けるネーミング。
それはなんだかゴダイゴが歌った
「ビューティフルネーム」筈という。
も、何故厳しい漢字をつぎ込みたがるんだろう?
専ら画数が多いと言うだけでなく主旨も難解
普通は使わないような漢字を使う人が多い。
多分辞書片手に一所懸命考えているんだろうなあって
思うと微笑ましい気がするけど、あんな父母の気分は
「根深い」といった天命、子は思わないだろうか。なんちゃって。
ギラギラネームは現代の和風だけのものだったのかしら。
そういったクエスチョンが念頭をよぎり始めて、何やかや考えたり始める。
古代の王様のネーミングは、「土による方法」「乳母の地元」
等々ばっか。
葛城皇子(従来は中大兄の皇子と呼んでいました)は葛城ちゃんが
乳母だったのではないかと言われているし。
そんな事を思いながら古代天皇わが家の系図を見ていたら
素敵なネーミングを見つけてしまいました。
「桜井弓張皇女」(さくらいのゆみ弾性のひめみこ)ね?
激しい愛らしいネーミングです?
敏ら天皇の皇女なんですけど、「桜井」は土から来ているとして
「弓張」というのが思い切り華麗。
そしたら「星河女帝」(ほしかわのじょおう)
古代にそんな可愛らしいネーミングがあるなんて昂奮!と思った。
勿論、これらのネーミングも由来は大して単純なのかもしれなけど
そのネーミングの付け方に父母の「気分」が秘められているようで
ならない。http://realchoiceinillinois.org/