自宅には3カ月って少しの乳児がいます。3カ月に入った辺りに首が座り、抱っこがたいへんラクラクなってきました。それほど思っているのも束の間、今度は寝返りの演習が始まりました。コチラ3お天道様ほど起きているときは始終寝返りをしようと体躯をくねらせ、目線を離せない状況になりました。お腹の時にいるときからボコボコといったお腹を蹴り上げ、手を動かして丈夫だった乳児、生まれてからも極めて丈夫だ。徒歩をオロオロとしてキャーといった奇声を響かせる、これから体躯をくねらせ寝返りを半分。そこで一度安穏アーウーとアナウンスが始まります。そこから善悪をつけて寝返りを努めますが、善悪が足りず先にも行かず、ただし元にも戻れず泣き出す仕舞。寝返りを手伝ってうつぶせにすると、また奇声を発して喜びます。一所懸命手で体躯を支え、首をつりあげる。そこに自分が顔を見せるといった、いつもと違う角度だからか一度神秘そうな顔をしてから含み笑いになり嬉しそうに音をあげます。少しずつ前に出ようと徒歩を動かしますが、まったく進めず。そうしてしばらくすると疲れて生じるようで、胸中が下がってきます。またここで喚き生み出し、うつぶせやめ。ゴロンといった元に戻すというキャピキャピ微笑み、しばらくすると、また寝返りの演習が始まります。きょうこそは叶うんじゃないかと、毎日の楽しみになっています。したらしたで、もう目線が離せなくなるのでしょうけど…。乳児の進歩の歩行に必死について行く、そういうおもしろい毎日を過ごしています。ラインID掲示板は女子と会えない!line掲示板はサクラも危険!