まったく5月ですが暑いですね。デパートにも素麺の特設放物線が配属されました。マンションにも素麺の時分に進出だ。というか、『麺』の時分だ。
素麺、ざる蕎麦、冷し饂飩、冷や麦、冷し中華の悪循環の幕開けだ。そんなの夏はあり気味、というかもしれませんが、マンションでは昼前意外全額麺になることが定型なのです。昼前はロールパン、昼間は素麺、夜は冷し饂飩、とか当たり前です。炭水化物の取りすぎですね。成人病(今ではライフスタイル病魔ですね)まっしぐらですね。3食プラスお物まで饂飩でいいという香川県のヒトにはコケる(香川県の糖尿病魔クランケ総量はハイレベル)かもしれませんが、やはりヘルシーにしようと努力しています。
冷し中華は道具として、薄焼き卵、きゅうり、モヤシ、ハムなどをふんだんにのせればいいのですが、それ以外が相当だ。納豆は、高知年令の母が食べませんし、一時期流行った山形の「だし」も、テレビジョンでやっていたメンツユに鯖缶を入れる、というのも食に規定的マンションではできませんでした。
ぼくは職務の都合で食事を作る時間にお家にいないので、漬け小物や酢の物、マカロニサラダやポテトサラダ、マリネやミートローフ、卵焼きや豚肉でつくるチャーシューなんかを吐出し置きしておくのですが、1度に大量に食べるものではないので、いまひとつ健康に貢献していないですよね。
主食が素麺も健康に生活できる方策を誰か発案しないかとしてある。カカオトーク掲示板は主婦と恋愛できる?